iventへジャンプ
市民度向上を目指すど・あっぷのwebサイト


おかげさまで10周年!ありがとうございます!!



<教育研究にて「シティズンシップ教育の普及に向けたNPO法人の役割」
として投稿させてもらいました>

教育研究 2016/11
 


有権者教育(シティズンシップ教育)の普及によって
市民度アップを推進していきます!!


市民のレベル=「市民度」
市民度アップ
市民どあっぷ
  DOUP!



  下記(amazon)から本を購入頂けると、ど・あっぷ!への寄付となります。
 ご支援をぜひよろしくお願いします!
 

 ワンクリックすることで、ど・あっぷ!への支援につながります
 こちらもぜひよろしくお願いします!
『NPO法人 Do Up(ど・あっぷ!)』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~


 メルマガを始めました。
ど・あっぷ!の活動やシティズンシップ教育についてなどの情報発信をしていきます。
ぜひ、登録をお願いします。

メルマガ購読・解除 ID: 1632263
みんなで市民度あっぷ!
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ






ど・あっぷ!では、若者・子どもの社会参画意識の向上も推進していきたいと考えており、
その一つとして2012年5月から「ど・っぱーず見つけ隊が行く団体紹介」として、
社会を意識した活動をされている団体を紹介しています。

どあっぷ!新企画「ど・あっぱーず見つけ隊が行く団体紹介」
団体紹介 Vol.1
 「模擬選挙推進ネットワーク」
団体紹介 Vol.2
 「学生団体ivote」
団体紹介 Vol.3
 「NPO法人ドットジェイピー」
団体紹介 Vol.4
 「キッカケプロジェクト」
団体紹介 Vol.5
「キッカケプロジェクトROLMO」
団体紹介 Vol.6
 「賢者の選択
   Project for Youth」
団体紹介 Vol.7
 「みんなの夢AWARD3」
団体紹介 Vol.8
「湘南まちいくプロジェクト」
団体紹介 Vol.9
「子ども国会」
団体紹介 Vol.10
 「HOT JAPAN Project」
団体紹介 Vol.11
 「United Youth」
団体紹介 Vol.12
 「エコ・リーグ」
団体紹介 Vol.13
 「Forest Nova☆」
団体紹介 Vol.14
 「ワダヨコ」
団体紹介 Vol.15
 「NEKO no TE
     (猫の手ゼミナール)」
団体紹介 Vol.16
 
RFA
 (Revolution For Animals)」
団体紹介 団体紹介

*団体紹介希望の方は、どしどしご連絡下さい!



Do Up!10周年記念イベント
小・中学校からの主権者教育(シティズンシップ教育)を考える
~18歳選挙権で主権者教育が普及し始めた今~

2016年10月10日(月・祝)@横浜 関内


【日時】

2016年10月10日(月・祝)13:00~16:00    

【場所】

横浜市 関内ホール 横浜市青少年育成センター

【内容】

(1)主権者教育の現状と展望
   ~18歳選挙権をブームに終わらせないために~
   西野 偉彦氏
   <神奈川県教育委員会「小・中学校における政治的教養を育む教育」検討会議座長、
    慶應義塾大学SFC研究所上席所員>
(2)民主主義の基盤としての主権者教育
   ~小さな頃からの取り組みを~
   川上 高志氏
   <共同通信社 論説副委員長>
(3)模擬授業
   ~主権者教育の土台/10代からの情報キャッチぼ^ル入門~
   下村 健一氏
   <元・TBS報道アナウンサー/現・慶応大学特別招聘教授>
(4)学校での授業実践例
   NPO法人ど・あっぷ!
(5)パネルディスカッション

【参加】

小学校、中学校、高校の教諭、先生を目指す学生、社会人等 44名

当日の様子


   



横浜市立美しが丘中学校での授業実施
~サザエさん一家のお弁当作り~

2016年6月30日(木)@美しが丘中学校


【日時】

2016年6月30日(木)2限目、3限目、5限目    

【場所】

横浜市立美しが丘中学校

【内容】

サザエさん一家のお弁当作り
 サザエさんの家の近くにお弁当屋さんがオープンし、
 オープン記念でお弁当を頼むことになった。
 みんなで話し合ってお弁当メニューを考えましょう!
 但し、以下ミッションを忘れないように!
 「磯野家全員の満足度を上げながら、自らの希望を叶えよ!」
 ①ワークショップの説明
 ②キャラクターでのお弁当作り
 ③家族会議
 ④振り返りシート記入

【参加】

3年2組:32名、3組:31名、1組:32名

【感想】

・全員の意見を尊重することがとても大切だなと感じました。将来、社会に出た時もこのような
 ことがdけいる大人になりたいと思います。
・最後にこの授業で民主主義が意識されていたことを知りました。
・本当に楽しい授業だった。公民はかたくるしいイメージがあったけれど、そんなことなかった。
 話し合いが重要になってくるので、そこで人の意見を聞く力、伝える力を伸ばしたい。

当日の様子





筑波大学附属小学校での授業実施
~メディアリテラシーワークショップ~

2015年12月10日(木)@筑波大学附属小学校


【日時】

2015年12月10日(土)5限目、6限目(13:25~14:55)    

【場所】

筑波大学附属小学校

【内容】

メディアリテラシー ワークショップ
 記者になって新聞を作ってみよう!
①ワークショップの説明
②取材
③編集会議
④新聞作成
⑤発表
⑥まとめ
 新聞づくりを通じて、新聞(メディア)は紙面の制約もあり、知らされない事実(記事)が
 あることを実感する。

【参加】

5年生 38人

【感想】

・新聞1つだけを読んでも、日本の状態や世界の情報が手に入らないことがわかりました。
 記事が省かれていることなんていままで考えたこともなく新聞を読んでいました。
 そして、新聞記者の時間が追われていることも初めて知りました。単元の学習の流れを
 詳しく聞くことができ、勉強になりました。
・いろいろな情報源の表には、かならず知られることがない影があることがわかってよかった。

当日の様子

 



筑波大学附属小学校の模擬授業
~子どもたち一人ひとりが問い続ける社会科授業づくり~

2015年10月17日(土)@かながわ県民サポートセンター


【日時】

2015年10月17日(土)15:00~17:30       

【場所】

かながわ県民活動サポートセンター 301号室

【内容】

①授業づくりについて(模擬授業含む)
 筑波大学付属小学校 社会科教諭 由井薗 健氏
②質疑応答
③ど・あっぷ!活動紹介(ワークショップ解説含む)

【参加】

小中学校の教諭、先生を目指す学生、NPO団体の方他 42名

【感想】

かながわ県民活動サポートセンター 301号室
・単元の学習の流れを詳しく聞くことができ、勉強になりました。
・問い続ける授業の大切さが印象に残りました。
・課題設定の大切さ、教材づくりのポイント等、とても参考になりました。
・ど・あっぷ!のワークショップは、面白そうで興味を持ちました。

当日の様子

 



勉強会「海外の事例から考えるこれからの日本の
主権者教育の意義と課題」
2015年8月1日(土)かながわ県民活動サポートセンター


【日時】

2015年8月1日(土)15:30~17:30       

【場所】

かながわ県民活動サポートセンター709号室

【内容】

①オープニング
②自己紹介
③ど・あっぷ!活動紹介
④西野偉彦氏 講演
⑤ビデオ(模擬選挙授業)
⑥ディスカッション
 ・高校の現状、政治的中立性の担保
 ・生徒会活動について
 ・学校、家庭、社会での役割 等

 【参加】 教員、NPO法人、社会人、学生他 20名

当日の様子




<雑誌等への掲載>
月刊誌「生活教育」2月号 月刊誌「地方自治職員研修」2月号
「シティズンシップ教育の普及と発展を目指して」 NPO法人ど・あっぷ!の活動紹介をシティズンシップ
教育や民主主義の考え方などとあわせて紹介
   
    原稿はこちらからご覧いただけます。





 今は?・・・ 個人の自律が求められる時代

 価値観が多様化する現代において個性を発揮し自己実現をはかることは非常に重要であり、個人の
権利や個性、価値観が尊重され、 個人が自律している社会が求められています。 そのためにも一人一人
の市民が社会の一員として社会との関わりを意識し、主体的に市民としての社会的役割を果たしていく
必要があります。
 私たちは、市民が社会に積極的に関わることで社会が成長し、そのことによってさらに市民も成長
していくという好循環が生まれるのだと考えます。

 なぜ?・・・ 情報収集能力・論理的思考能力・判断力を学ぶ機会が少ない

 その実現のためには、市民一人一人が、自分の存在する社会をよく「知り」、自分の役割を「考え」、
自らの行動を「決めて」 いくことが大前提となります。
 しかしながら、日本においては、それらを行うための情報収集能力、論理的思考能力、判断力と
いったスキルを学習する機会 が少ないこと、また、そうしたことを行う経験、習慣が少ないこともあり、
知識、意識、スキルが必ずしも高くないのが現在 の状況であると認識しています。

 だから?・・・ 学び・気づきの場を提供しシティズンシップの向上を

 そこで私たちDo Up!(ど・あっぷ!)は、広く市民に対し、教育、学び、気づきの機会、場を提供
し、様々な方法を通じてシティズンシップ度 の向上へ向けた活動を行っていくために設立致します。
 活動にあたっては、こちらからの一方通行での知識の押しつけという形ではなく、クイズ形式、
ゲーム形式、ワークショップ形式などを活用し、 場合によっては、現場へ出かけて行くなど、誰もが
楽しく参加することが出来、結果的に気づきが得られよう、工夫を凝らした方法にて実施します。



15年12月12日

筑波大学附属小学校での授業(ワークショップ)実施報告を記載しました。

15年10月25日

筑波大学附属小学校模擬授業の実施報告を記載しました。

15年08月01日

勉強会「海外の事例から考えるこれからの日本の主権者教育の意義と課題」
実施報告を記載しました。

15年03月30日

神奈川県知事選挙 公開討論会~若者が立候補予定者に迫る!~ 参加報告

14年12月21日

「筑波大学附属小学校のでワークショップ」実施報告を記載しました。

14年09月13日

イベント「子どもと社会をつなぐ教育実践」実施報告を記載しました。

14年09月13日

ど・あっぱーず見つけ隊が行く団体紹介」に追加記載しました。

14年05月18日

ど・あっぱーず見つけ隊が行く団体紹介」に追加記載しました。

13年08月17日

ど・あっぱーず見つけ隊が行く団体紹介」に追加記載しました。

12年07月25日

人とのつながりの中で「生きる力」を育む教育を! 実施報告を記載しました。

12年06月10日

ど・あっぷ!イベントのご案内を記載しました。

12年05月05日

情報誌「Voters No.4」にて「ど・あっぷ!」紹介を記載しました。

12年03月24日

「平成23年度明るい選挙推進優良活動」受賞を記載しました。

12年03月24日

「楽しく考えようシチズンシップわーくしょっぷ」実施報告を記載しました。

11年12月03日

「どうしてを考えてみませんか?」実施報告を記載しました。

11年10月15日

「どうしてを考えてみませんか?」実施報告を記載しました。  

11年10月01日

「ど・あっぷ!の絵本作り」について記載しました。

11年08月06日

「ど・あっぷ!設立5周年記念の集い」実施報告を記載しました。

11年02月06日

「市民活動フェア2011」への参加予定を掲載しました。  

10年08月08日

「藤沢こども議会」ワークショップ実施報告を掲載しました。

10年06月16日

イベント「学校で実施する模擬選挙」の実施報告を掲載しました  

10年05月15日

「イベントのご案内」を掲載しました

10年03月13日

TOPページ、設立趣旨他を修正しました

10年03月13日

「横浜国立大学」での報告会実施を掲載しました  
 

09年08月11日

「藤沢こども議会」ワークショップ実施報告を掲載しました  
 

09年03月20日

総合学習授業実施報告を掲載しました   

08年12月28日

日経新聞での活動紹介報告を掲載しました  

08年12月07日

BNJポリシーオークション受賞報告を掲載しました  

08年10月26日

選択授業実施報告を掲載しました

08年07月01日

  応援メッセージを掲載しました   

08年04月02日

イベント実施報告を掲載しました

08年02月21日

イベント開催のご案内を掲載しました

07年12月13日

ど・あっぷ!へのコメント掲載しました

07年12月12日

活動履歴更新しました

07年11月09日

HPリニューアルしました

                                            

小玉 重夫 氏

<東京大学 教授

 日本の戦後民主主義は18歳選挙権の時代を迎え、新しいステージに突入しました。
シティズンシップ教育の普及に先駆的な役割を果たしてきた「ど・あっぷ!」の真骨頂が、
今こそ発揮される時期です。ますますの発展を期待し、祈っています。

由井薗 健 氏 <筑波大学付属小学校 教諭

  「国や社会の問題を自分の問題として捉え、自ら考え、自ら判断し、行動していく主権者」
これは、総務省によりまとめられた現代に求められる新しい主権者像です。
小学校の現場でも、問題を自分事として捉え、自ら考え、自ら判断できる子どもを育もうと日々の
授業に取り組んでいます。しかし、このような主権者教育の意義をふまえ、どのように取り組んで
いけばよいのか、試行錯誤の日々が続いています。
 「ど・あっぷ!」には、本校においてさまざまなワークショップを実施していただきました。
その内容は、話し合いによって異なる立場の側とも合意形成していく能力や社会的事象を
多面的・多角的に見る能力を培うものでした。「ど・あっぷ!」のような主権者の育成につながる
シチズンシップの向上をめざして活動している団体が存在していること自体とてもすばらしい
ことだと思います。同時に、私たち現場の教員は「ど・あっぷ!」から、多くのことを学ばなければ
ならないと考えます。

黒崎 洋介 氏

<神奈川県立湘南台高校 教諭>

   これからの学校教育は、変化の激しい社会を生きるために必要な力の育成を目指し、
現実の社会との関わりの中で豊かな学びを実現していくことが求められています。
 特に、主権者教育においては、正解が1つに定まらない現代社会が抱える諸課題を対象として、
解決を目指して「どのように?」「なぜ?」「どうしたらいいの?」と問いかける学びが
必要です。
 今、学校と社会を繋ぐ”架け橋”としての「ど・あっぷ!」の役割が、ますます求められています。

諏訪間雅行 氏

<神奈川県立湘平塚風南高等学校教諭>*「ど・あっぷ!」顧問

  「ど・あっぷ!設立記念イベント」に、参加させていただきました。 そのご縁で「ど・あっぷ」さん
に 税金に関するワークショップを湘南台高校で実施していただきました。 
神奈川県では、昨年度(2007年)より、シチズンシップ教育の推進を教育政策の一つとして
掲げています。各学校では、それに伴い、自立した社会人として、社会に積極的に関わろうとする
態度をいかに育成するのか、 研究を進めているところです。
  また、日々の実践をどのように行うのか悩んでいるところです。そのような状況の中で
「ど・あっぷ」さんのような シチズンシップの向上を目指した活動をしている団体があることは
頼もしい限りです。  今後の活動に期待をしています。

横江 公美 氏

<元 東洋大学講師>

『判断力はどうすれば身につくのか~アメリカの有権者教育レポート』著者

  ど・あっぷ」の活動のファンです。
  なぜ、日本の選挙は、政策議論がないのか、というのが研究テーマでした。
  そこでいきついたのが、「有権者教育」です。アメリカ、イギリスといった しっかりとした議論がある国には、民主主義のスキルを学ぶ教育が小学校の時から組み込まれていました。   この模様は「判断力はどうすれば身につくのか アメリカの有権者教育レポート(PHP新書)」 にまとめました。
  「ど・あっぷ」は、まさに、日本の政治環境に足りない「有権者教育」を補助する活動を 行っていますよね。応援しています。

硤合 宗隆 氏

<玉川学園高等部教諭>

  「総合的な学習の実践事例紹介」に参加し、未成年模擬選挙の実践について発表させて頂ける機会を
得ました。 本校での模擬選挙は総合の時間ではなく政治経済などの教科学習の一環として実施している
のですが他の先生方の発表を伺う中で「民主主義を根付かせるには”エコロジカルな”教室づくり」と
「現実社会との接点」が欠かせない と改めて実感することができました。
今後、学校-現実社会ー地域間をつなぐ貴重な役割をDo Up!が担い、 四者の間に積極的なシナジー
が生まれることを期待しています。

鈴木 崇弘 氏

<中央大学大学院公共政策研究科客員教授、法政大学大学院兼任講師>

『シチズン・リテラシー』編著者

  2007年2月18日開催「ど・あっぷ!設立記念イベント」に、スピーカとして参加させていただき、 その後のワークショップにも参加した。
  政策や政治というと取っ付きにくい、難しいというイメージが強い。
  しかし、そのイベントは、主催者が独自に開発した手法で、自分から参加する形で、 政策や政治に関して、私たち市民が楽しく考え、知らず知らずに多くのことを自然に学ばせてくれるものであった。
  政策や政治は本来自分たちの毎日の生活といかに関わっているかを、生き生きと感じさせてくれる活動であり、 この活動が広がるように応援していきたいと思わせてくれた有意義なイベントだった。
  今後の活動に大いに期待している!!!

森嶋 伸夫 氏

一新塾代表理事・一新塾事務局長>

   「ど・あっぷ」のワークショップを受けると、「自分も主体的な市民として社会的役割を果していこう!」と、 ワクワクしてきます。
  クイズ形式、ゲーム形式、ワークショップ形式など、プログラムにとにかく工夫が凝らされ、楽しんでいるうちに その気にさせられます。
  最後には、市民を生きることへの憧れが芽生えてくるのです。
  そうした成果を生み出しているのは、「ど・あっぷ」の個性派揃いのスタッフの主体的な関わりの姿勢です。 スタッフが率先して、主体的な市民の姿勢のモデルを示している。それが素晴らしいと思います。






ど・あっぷ!イメージキャラクター
  ワークショップ、イベントなどで活躍してくれています。
 
     
     


  
お金持ちの方へのお願い ~お金持ちの方はぜひ見て下さい!~ 志の高いの方へのお願い ~志の高い方はぜひ見て下さい!~ 学生の方へのお願い ~学生の方はぜひ見て下さい!~ マスコミの方へのお願い ~マスコミの方はぜひ見て下さい!~ ど・あっぷ!なサイト、スタッフおススメサイトなどへのリンク


 ボランティア大募集中!

ど・あっぷ!では、活動を一緒に行っていただけるボランティア
(ちょいボラ大歓迎)を募集中です!

-計画いろいろ-
■ワークショップ定期開催化 ■取材、書籍出版
 ■取材記事投稿 ■動画配信          

-こんな方を大募集-
■シティズンシップ教育に関心がある人 ■学校教育に関心がある人
■ちょいボラしてみたい人 ■がっつりボラしてみたい人     
■動画撮影、加工が好きな人 ■HP制作が好きな人        

「出来る時に出来ることをやる」が、私たちのモットーです!
仕事で忙しい、学業で忙しい・・・大丈夫です!
少しの余裕がある時に、出来ることをやる、ということが大切だと
私たちは考えています。ご質問、ミーティングの見学等も大歓迎です。
ぜひ、お気軽にご連絡ください!

 

Facebookもチェック!





 合計カウント  今日カウント数  昨日カウント数
 (20100320~)    
Copyright (C) 2006 ど・あっぷ! All Rights Reserved.